Dot-H

より伝える写真を

Product / Apparel / Portrait

フォトグラファー 三浦晃一

Concept

最初の理解

ユーザーに伝えるにはカメラマンが1番理解をしないといけないと思っております。
最初にクライアントからの意図を、コンセプトを理解し自分自身に落とし込み最適な撮影方法をクライアントと検討し、よりユーザー伝えたいような写真を目指します。
共にディスカッションし、現場での臨機応変なディレクションを。

What pictures

product/image

商品撮影で一番重要なのは一目見た時の美しさだと考えます。
一目でイメージが伝わり、使用感をイメージさせる。
これを目標に撮影に挑みます。

What pictures

Portrait/apparel

一人一人の長所を引き出すことが大切な肖像撮影、宣材写真やスタイルブック、スナップ撮影。
撮影の経験から導き出される被写体が最もよく見える角度やポージング、表情を探し当てます。
特に宣材系は表情に重きを置き、被写体の感情を掘り下げるような撮影を心がけ、アパレルは服の性能や最も良く見える角度を掴み、ユーザーに向けた一目での理解を表現します。

Product

多様な撮影形態が生まれる昨今、様々な撮影に幅広く対応しております。

商品カタログ

商品イメージ

WEB

LP

宣材

SNS向け写真

取材写真

雑誌

Features

Dot-hの撮影目標、特徴

カメラマンの三浦晃一は馬を撮りたくて写真の撮影を始めました。
記憶に残る写真より記録的に撮る写真、それが当初写真を始めた時の目標だったと記憶しております。
東京工芸大学写真学科に入学し写真を学ぶうちに、記憶よりも記録。から記録よりも記憶に撮りたいものも変化してゆきました。
しかし卒業、スポーツ写真の老舗フォート・キシモトにてキャリアを開始した頃には記憶と記録の融合が写真としての完成度をさらに高めるものと思い始めました。
フォート・キシモト、松竹株式会社でカメラマンを経て青山商事の子会社、株式会社アスコンにて洋服の青山やホームセンター島忠等のチラシ撮影やweb向け撮影等を経験して行くうちに、キシモトや松竹では得られなかったディレクター、デザイナーとの現地でのディスカッション、でティレクションから生まれる当初描いていたラフを超える撮影を多々経験し、そうか、写真はその人その人と話し合い、撮影物を理解し、被写体と向き合いより良いものを目指すものなのだ感じ、自身の撮影目標が「撮影対象の理解と今よりもさらに良いものを目指す」 という明確な目標が生まれました。
その後フリーになりさらに多くの撮影を経験しましたがその気持ちは変わりません。

共に話し合い、理解をする撮影を目指します。

About

Photographer 三浦晃一について

1988年 東京生まれ 2011年 東京工芸大学 芸術学部写真学科卒業

フォート・キシモトにてスポーツ、記者会見撮影担当。 松竹株式会社にて演劇、歌舞伎、記者会見等の撮影を担当。株式会社アスコンにて洋服の青山の撮影やホームセンターのチラシ撮影等の撮影業務を担当。

2016年10月に独立。 現在は大手芸能事務所の宣材撮影や女優のカレンダー撮影や 雑誌撮影、企業案内、採用案内等の撮影に関わる。 webサイト制作チームのUNIT-WALKに参加し、 新しい可能性を求め活動中。 競馬をライフワークとして撮影をし、毎週競馬場へ通う。

2018年4月にモンゴルへ馬と遊牧民を撮影に。​ ​各国の馬事文化撮影の敢行を目指す。

Flow

サービスの流れ

1.最初の相談

まずは企画内容を含めご相談ください
一緒に課題や撮影プランの相談をさせていただければと思います。

2.撮影前の打ち合わせ

ロケハン、モデル選定などをする際はご一緒させていただければと思っております。
より良いビジョンを一緒に共有する為に少しでも共に行動し撮影物の理解の前にお互いの理解を深めたいと私は考えております。
打ち合わせにてお互いの意見を共有できればと考えます。

3.撮影当日のディレクション

撮影中は予期しないことなどが起こることは多いです。
都度現場で解決しなければいけないので、ディスカッションをし、適切なディレクションを現場で行います。

4.納品について

クラウドストレージやファイル便等ご指定の納品方法でご対応させていただいております。
HDD等を直接御社まで持ち込ませていただくことももちろん承っております。

5.画像修正(オプション)

信頼のおける提携プロダクトへのご案内をさせていただいております。
期待を裏切らない品質をご提供させていただけると思います。

Contact

© Dot-Horse All Right Reserved.